有料会員限定

米国が利上げなら 外貨預金よりMMFが有利 円安進行を見逃すな!

印刷
A
A
米国利上げいかんによって変わってくる

特集「今年こそ株・投信」の他の記事を読む

ドル・円レートは昨年12月、円安が急進し2007年以来となる1ドル=120円台をつけた。足元は原油相場急落の影響などから若干方向感を失っているが、ドル高・円安トレンドは当面変わりないとみられる。資産運用でもこの機会をぜひ生かしたい。

外貨投資でFX(外国為替証拠金取引)のようなリスクの高い取引に抵抗感を持つ人が、まず検討するのは外貨預金だろう。外貨預金をするには、一般的に、預け入れ先の金融機関を決め、そこに円建ての普通預金口座を開く必要がある。すでに普通預金口座を持っている金融機関で、外貨預金をしてもいい。普通預金口座に円を預け入れるか、普通預金口座にある円預金の残高を利用して、外貨預金をすることになる。

ネット取引で為替手数料を抑える

金融機関によって取り扱っている通貨は異なる。メガバンク3行を見ると、米ドルやユーロ、英ポンド、スイスフラン、預金利率を含めた金利水準全般が相対的に高いことで知られる豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルの外貨預金ができる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
今年こそ株・投信
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内