有料会員限定

共和党の劣化はここから始まった 米国を振り回す南部の保守反動

印刷
A
A

極みに達した保守の過激化が米国分裂を加速させた。その原点は、共和党と南部の結合にある。

イラスト:三澤祐子

特集「アメリカ」の他の記事を読む

輝かしい「リンカーンの共和党」が今日の保守反動政党に変貌した分岐点は、1972年の大統領選でニクソンが断行した「南部戦略」にある。今年は、そのニクソンの大統領辞任から40周年に当たる。

ニクソンは名参謀ケヴィン・フィリップス(共和党ストラテジスト)から、「公民権運動に不満な南部と南西部の白人民主党員が、共和党の潜在票だ」と告げられていた。民主党は元来、奴隷制固執・反連邦主義の南部中心の政党だったが、北部の党員は20世紀を通じて革新化する。他方で南部党員は差別と旧弊さの中に残留し、ディクシークラット(以下D、→関連記事へ)と呼ばれた。

ニクソンは優秀だが貧しい生い立ちゆえに劣等感が深刻で、「東部エスタブリッシュメント(以下EE)」に痛烈な疎外感を感じていた。デューク大学法学大学院を卒業した彼は、EE屈指の弁護士事務所に就職を拒否され、疎外感が固着。その後、政治家として赤狩りで出世したが、体制を独占しながらも革新的なEEに忌避され続けた。EEは共和党と北部民主党の中核で、ニクソンはEEを捨て、Dに鞍替えした。D自体、北部への怨嗟と疎外感は南北戦争の敗北で固着している。ここに似た者同士の癒着が実現したのである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アメリカ
エピローグ「ポスト金融緩和の政治経済学」
起業家集まるデトロイト
本社海外移転で租税回避がブーム
自己勘定取引の禁止で高収益への復活は困難
▶▶PART3 バブル・イズ・バック? 米国経済の希望と不安
漫画で読み解く米国社会2
中国系移民の激増に戸惑い
問われるイスラム国への対応
福音か、世紀の愚策か
米国を振り回す南部の保守反動
ヒートアップ目前
広まり続ける差別感情
旧弊な対立構造はむしろ激化
▶▶PART2 投票直前!米国政治はどこへ行く
漫画で読み解く米国社会 1
[INTERVIEW]『ザ・ニューヨーカー』誌記者 ジョージ・パッカー
大都市だけじゃない! 顕在化する州内格差
「メード・イン・アメリカ」の苦い現実
図でわかる
カリフォルニアの夢と絶望
IT王国を覆う「持たざる不満」
[INTERVIEW]ローランド・フライヤー
▶▶PART1 現地報告 分断される1%と99%
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内