有料会員限定

自動車の消えた街 起業家集まるデトロイト

印刷
A
A
自動車が消えた街でベンチャー投資を手掛けるDVP(写真はスタシック副社長)

特集「アメリカ」の他の記事を読む

昨年7月に、連邦破産法9条の適用を申請したミシガン州デトロイト市。負債総額約1兆8000億円と、自治体による破綻としては、米国史上最大の規模を記録した。自動車業界の黄金期には200万人近くまで伸びた人口は、今では70万人。さらに治安の悪さや失業率の高さなど、これまで後ろ向きなことばかりが取りざたされてきた。だが今、デトロイトの「復活劇」が注目を浴びている。契機となったのは、起業ブームだ。現状を確かめるべく、現地に飛んだ。

デトロイト・メトロポリタン空港から高速道路で車を30分も走らせれば、デトロイト市内に入る。ぽつぽつと目に飛び込んでくる廃墟と化したビルや家屋が、この街が景気の低迷から被った傷の深さを物語る。ところが街の中心へと進んでいくと、徐々に様子が変わってくる。いまだに人けのない建物は多いが、同時に至る所で建設現場や道路が修復される様子を目にするのだ。

デトロイトの復活劇の震源地と目されるのは、ダウンタウンにある5階建てのマディソン・ビルディングだ。カレンダーアプリのアップトゥ、家庭用遠隔操作システムのアイルールなど、数多くのスタートアップが居を構える。企業誘致に熱心なベンチャーキャピタル、デトロイト・ベンチャー・パートナーズ(DVP)のバイスプレジデント、ジャレッド・スタシックさんは「今ダウンタウンを歩いていて、建設現場が目に入ってこないことはない。この街の再生のエネルギーを感じる」と話す。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アメリカ
エピローグ「ポスト金融緩和の政治経済学」
起業家集まるデトロイト
本社海外移転で租税回避がブーム
自己勘定取引の禁止で高収益への復活は困難
▶▶PART3 バブル・イズ・バック? 米国経済の希望と不安
漫画で読み解く米国社会2
中国系移民の激増に戸惑い
問われるイスラム国への対応
福音か、世紀の愚策か
米国を振り回す南部の保守反動
ヒートアップ目前
広まり続ける差別感情
旧弊な対立構造はむしろ激化
▶▶PART2 投票直前!米国政治はどこへ行く
漫画で読み解く米国社会 1
[INTERVIEW]『ザ・ニューヨーカー』誌記者 ジョージ・パッカー
大都市だけじゃない! 顕在化する州内格差
「メード・イン・アメリカ」の苦い現実
図でわかる
カリフォルニアの夢と絶望
IT王国を覆う「持たざる不満」
[INTERVIEW]ローランド・フライヤー
▶▶PART1 現地報告 分断される1%と99%
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内