有料会員限定

「夢のビザ」EB5存廃めぐり大議論 中国系移民の激増に戸惑い

印刷
A
A

永住権希望者にも、投資マネーを呼び込みたい米国にも好都合な制度だったが…。

イラスト:三澤祐子

特集「アメリカ」の他の記事を読む

米国の移民ビザの中で、「富裕層ビザ」とも呼ばれ特別な扱いを受けるのがEB5ビザだ。ビザの中でEというカテゴリーはもともと投資家用のものだが、EB5は特に永住権取得までの期間が短く設定されている。海外の投資マネーを集める目的で作られたものだ。

そもそもは1990年、当時の米国経済が停滞していたことから海外資本によるインフラ整備、新たな事業展開と雇用促進のために考案された。翌年から募集が始まったが、当初の条件は「100万ドル(過疎地域や失業率の高い地域では50万ドル)以上を米国内の事業に直接投資し、10人以上の雇用を生み出す」ことだった。投資対象は重工業、農業、医療、IT、外食、教育、建設、住宅、インフラなど多岐にわたる。申請は米国内に点在する地域センターを通じて行い、その地域に求められる投資案件に合致する必要がある。

最初の20年間、EB5はほとんど注目を集めなかった。投資案件に対する条件が厳しく、事業の成功見通しについての専門家による分析など、複雑な書類申請が要求されていたためだ。年間の申請数は1000件以下、ビザ受給数も数百レベルだった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アメリカ
エピローグ「ポスト金融緩和の政治経済学」
起業家集まるデトロイト
本社海外移転で租税回避がブーム
自己勘定取引の禁止で高収益への復活は困難
▶▶PART3 バブル・イズ・バック? 米国経済の希望と不安
漫画で読み解く米国社会2
中国系移民の激増に戸惑い
問われるイスラム国への対応
福音か、世紀の愚策か
米国を振り回す南部の保守反動
ヒートアップ目前
広まり続ける差別感情
旧弊な対立構造はむしろ激化
▶▶PART2 投票直前!米国政治はどこへ行く
漫画で読み解く米国社会 1
[INTERVIEW]『ザ・ニューヨーカー』誌記者 ジョージ・パッカー
大都市だけじゃない! 顕在化する州内格差
「メード・イン・アメリカ」の苦い現実
図でわかる
カリフォルニアの夢と絶望
IT王国を覆う「持たざる不満」
[INTERVIEW]ローランド・フライヤー
▶▶PART1 現地報告 分断される1%と99%
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内