富士フイルムが攻めの経営で体質一新、ドル箱失墜からの復活[上]《新「本業」で稼ぐ》

印刷
A
A


 08年にスタートした2度目の構造改革は「何もそこまで」という内外の声もあり、経営陣にとっては「そうとう厳しかった」(高橋専務)という。05~06年に手をつけなかった研究開発部門を含め聖域なき改革を断行。「当分、大規模な構造改革をしなくてもいいくらいの強靭な体質」(同)ができ上がった。

液晶パネルで開花した高機能材料フジタック

こうしたリストラだけでなく、成長への布石も打ってきた。大規模研究施設の新設、多数のM&A、生産拠点拡大とこの5年間で2兆円近くの投資を行っている。そして、構造改革を遂行するうえで何よりの武器となったのが、フィルム事業で培った技術の集積だ。独自技術を生かし、デジタル化の波に乗ることができた。

熊本空港から車で30分。26万平方メートルの広大な敷地に、「フジタック」の一大製造拠点、富士フイルム九州(熊本工場)がある。竣工は05年。三つの建屋で、計六つの製造ラインが24時間稼働している。

年間販売台数5億6000万台(10年予測)の液晶テレビ市場。陰の立役者といえるのが富士フイルムだ。ソニー、韓国・サムスン電子、LGエレクトロニクス……。ほぼすべてのメーカーの液晶テレビに、富士フイルムの開発したTACフィルム、フジタックが使われている。09年度の年間出荷量は7億3000万平方メートル。液晶テレビの大画面化につれ、供給量は年率2ケタで増えている。

[下]に続く

◆業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(前野裕香 =週刊東洋経済2010年12月18日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT