ミャンマーにあふれる「タナカさん」とは?

紫外線から肌を守る、ヤンゴン女子の必需品

ナチュラルな木のもののほかに、クリームに加工されたタナカも売られている

著者も、実際にタナカを塗ってみた。塗ってしばらくするとパリパリに乾いてきて、触るとベビーパウダーのようなさらさらとした感触だ。ただ、それと同時に肌がつっぱるので、若くない肌、乾燥肌には注意が必要だ。

ヤンゴンでは、ファンデーションもリップもマスカラもしていない「スッピン女子」が一般的で、彼女たちには“唯一のメーク品”としてタナカが人気だ。ただ、20代のイマドキおしゃれさんたちには、「タナカなんて、UVカット機能もないし、田舎者がするものよ」という風潮も現れ始めている。

しかし、オーガニック・ナチュラルコスメブームというちょっと上から目線でみれば、このタナカ、海外に向けてこれから流行るのではないか、とも思えてくる。タナカにもケミカルなクリームタイプとナチュラルな木のタイプがあるが、現地では断然、木の方が人気であった。

近隣諸国の女子はタナカをどう思う?

アジアといえども、都会でこんな光景はなかなか見たことがない。ということで、このタナカについて、近隣諸国の同世代亜女子(アジア在住の女子)はどんなふうに感じるのか、タナカを頬に塗った女性の写真を見せて感想を聞いてみた。

「冷たくて気持ちよく、オートバイに乗るときに最高」と話すホーチミン在住のマルさん。

「タナカはとてもかわいいと思うけれど、韓国では、自然のものよりブランドの化粧品を好みます」(ソウル)

「インドネシアにも天然由来の化粧品は人気だけれど、ミャンマーよりももっとモダンな容器に入っています」(ジャカルタ)

「白い顔をして歩きまわるのは、かなり変な気がします。顔全体をカバーしないと意味がないのではないかしら」(クアラルンプール)

「夫がミャンマー土産に買ってきてくれました。見て爆笑したけど、効果をきいてすぐに使ってみたくなりました。冷たく気持ちよくて、オートバイに乗るときに最高。大好きです」(ホーチミン)

なるほど、アジアの国々でも、かわいいとか、おかしいとか、賛否両論だが、ジャカルタのように対抗心があったり、ちょっとタナカは気になる存在のようである。

ついでに美白意識について聞いてみると、各国の多くの女子は「明るく透明感のある白い肌」を追い求めているようだった。中国、韓国、マレーシアの亜女子達から白肌が人気の理由に、「白い肌は七難隠すから」ということわざが偶然にもあがったのは、なんとも興味深かった。

急速に発展するヤンゴン。強い日差しの降り注ぐこの国で、果たして10年後、タナカさんをどれだけ見ることができるだろうか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT