まだ間に合う!年末年始お得旅行の「裏技」

宿泊3日前でも予約できる?

「ツアーなら、『トラベルコちゃん』。掲載商品が多く、更新頻度も高め。『ファイナルコール』という直前出発用の枠に、掘り出し物が見つかることもあります。航空券は国内なら『エアーズゲート』、国外なら『スカイスキャナー』が便利です。設定日の最安値の航空券が検索できます」

「エクスペディア」「Hotels.com」「DeNAトラベル」などでも検索できるという。

お得なぷらっとこだま

では、国内旅行はどうか。鉄道ライターの杉山淳一さんは、こんなアドバイスをくれた。

「JRの予約は原則1カ月前からなので、飛行機より断然取りやすい。私は『ぷらっとこだま』をよく使います。割安でグリーン車にも乗れます。快適ですよ」

JR東海ツアーズが販売する「ぷらっとこだま」は、新幹線「こだま」の乗車券・特急券を割安で買える。年末年始の繁忙期でも、東京―名古屋間が片道9300円、東京―新大阪間が同1万1800円だ。グリーン車にグレードアップしても、それぞれ1万300円と1万3300円。時間はかかるが、車窓の旅を楽しむなら断然お得だ。

ただし、年末年始は、売り切れも早いという。やはり今からでは無理か、と肩を落とすと、耳より情報を教えてくれた。

「例年、JR東海が元日限定でこだま乗り放題の『新春こだま&ワイドビューフリーきっぷ』を販売していました」

大人1万3千円、子ども3千円。自由席限定だが、元日は多くの列車が空いていて、「存分に旅を楽しめた」というが、過去形の言葉が気になる。

「残念ながら、来年分は発売されないそうです。ですが、『ぷらっとこだま』なら、元日のグリーン車など、日や条件によって空きがあるかもしれません。会員制ネット予約サービスの『エクスプレス予約』と『プラスEX』限定ですが、『こだま☆楽旅IC早特』というこだまのグリーン車のチケットは、東京―新大阪間で9500円。かなり格安な上、年末年始も使えます」

もちろん「空きがあれば」の話だが、チャレンジしてみる価値はありそうだ。

次ページ繁忙期は、マイナーサイトが有利
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナ戦争を読み解く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。