まだ間に合う!年末年始お得旅行の「裏技」

宿泊3日前でも予約できる?

年末年始の帰省や旅行の準備は済みましたか? えっ、まだですって。大丈夫。今からでも手はあります。旅の達人たちが「裏技」を教えます。
年末年始の休みが近づき、ツアー、航空券、新幹線、旅館、ホテル……、次々に予約が埋まっていく/5日、エイチ・アイ・エス銀座本店

年末年始は帰省や旅行のシーズン。貴重な休みを満喫したい。早くしなければ、航空券もツアーも売り切れてしまう!――と、いつも慌てているのだが、ちゃんと休みを楽しみたいのなら、早めに計画を立てたほうがいいに決まっている。

トラベルライターの渡辺裕希子さん(40)は、年末は大掃除や買い物をして、東京都内の自宅でゆっくりすると決めている。

「どこへ行くにも、12月28日や29日出発の航空券はすぐ売り切れるし、高いですから」

彼女の実家は福岡市内にある。夫と子どもの家族3人で帰省する日は大みそか。お得な航空チケットがあるからだ。

「大みそかと元日ならば、ほとんどの便で1万円以下という片道航空券が発売されています。マイレージ会員なら、一般発売前に先行予約できます」

全日本空輸(ANA)には年末年始スペシャル「旅割」、日本航空(JAL)には「スーパー先得」というお得な航空券がある。決済条件は時期や航空会社により異なるが、渡辺さんは今年、8月下旬の先行予約受付当日に9千円ほどで東京―福岡間のチケットを手に入れた。

帰りの便は1月4日。こちらはどうするの?

「株主優待枠を使うんです。株主優待券は金券ショップで2千~3千円で購入しました」

すでに11月の予約解禁日には手配を済ませたという。

29日にハワイ旅行予約

でも、もう12月。航空会社のサイトをのぞくと、年末年始の便はほとんど満席。格安航空会社(LCC)の運賃も高額だ。今から年末年始の旅行の予約は難しいのだろうか。

次ページさすがプロだ!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT