自民党圧勝ムード、原因は「野党の自滅」 再編で誕生したばかりの党に風は吹かず

拡大
縮小
東京1区のポスター掲示場(12月7日朝、新宿区内で撮影)

12月2日に始まった衆院選も、折り返し点を迎えた。すでに新聞各紙は4日、情勢調査をもとに自民党の圧倒的な優勢を報じた。安倍晋三首相が勝敗ラインを「与党で過半数」と控えめに述べていたが、余裕の勝利を迎えるということになる。

これは早期解散を打った安倍首相の作戦勝ちなのか。いや、むしろ野党の自滅が見てとれる。

盛り上がらない維新の党

6日午後の新宿西口。江田憲司・維新の党代表がマイクを握った。一部の“ファン”がいるものの、足を止める人はまばらだ。神奈川8区を地盤とする江田氏は、東京での知名度は高くないことも原因だろう。その後、場所を有楽町に移しても同じだった。しかし盛り上がらない責任全てが江田氏にあるわけではない。多くの責任は大阪にある。

「大阪は安泰だ」と、東京勢は羨ましがる。橋下徹大阪市長の個人的な人気に支えられて、近畿ではある程度の議席数は確保できる見通しがあるためだ。だが2012年12月の衆院選の時にあった爆発的なブームは期待できない。それは橋下氏が国政への出馬をほのめかしながら早々に断念したことでも明らかだ。話題性を狙ったとすると、ひっこめるのが早すぎる。思いつきの鞍替え検討表明ではなかったか。それでは有権者の心は離れていく。

次ページ次世代の党・石原氏の引き際
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT