街場のマンガ論 内田 樹著

街場のマンガ論 内田 樹著

マンガは日本が世界に誇るサブカルチャーであり、物語性、思想性、主張性など欧米のコミックに比べまるで異質、あるいは高度な文化である。半世紀にわたりマンガにはまり込んできた著者が、漫画家三十余人と五十余の作品を取り上げつつマンガの本質から日本論へと話は展開する。井上雄彦、手塚治虫、山本鈴美香、赤塚不二夫などへの評価、賛辞、敬慕は並大抵ではないが、マンガと宮崎アニメの創造性、奥深さがさまざまに解明される。

マンガの持つ特異性、すなわち表意としての絵と表音としての吹出しを読者が一体的に読み進む能力は、日本語の漢字とカナの関係から生まれていて日本人に固有だという指摘や、竹宮恵子をはじめ1970年代の一連の秀作が反米ナショナリズムと深くかかわっていたとする説など、興味深い分析が随所にある。ポップな文章も楽しめるし、この国ではマンガがすでにサブカルの域を超えつつあるとも感じさせられる。(純)

小学館 1470円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT