駅ナカで人気の“賢い”自販機、性別や年代でオススメを表示

JR東日本の駅構内に、IT技術を駆使した飲料の次世代自動販売機が登場した。特徴は47型のタッチパネル画面。普段は宣伝メッセージを表示し、客が近づくと商品画面に切り替わる。その際、画面上部のカメラで性別や年代を判別。時間帯や気温なども考慮して、お薦めの商品を提案する“賢さ”が売りだ。

8月に品川駅に2台設置したところ、飲料の売り上げは既存自販機の約3倍を記録。11月からは東京駅に5台設置したほか、2012年3月までに500台を東京近郊の駅に設置する予定だ。

駅ナカという好立地をテコに、JR東日本では飲料の自販機事業を拡大。09年度の売上高は05年度比34%増の235億円まで膨らんだが、「顧客との接点をもっと増やすには、従来機では限界があった」と、同社の飲料事業を手掛けるJR東日本ウォータービジネスの阿部健司・自動販売機事業部長は話す。

次世代機はさらに、高速無線通信網を利用して顧客の購入データをサーバーに蓄積するPOSシステムを導入。品川駅で集めたデータによると、果汁飲料は当初女性に好まれると考えていたが、実は男性が夕方や夜に購入するケースが多いと判明。そこで11月中旬に発売した青森りんごの新製品は、男性も意識した包装にした。新たな取り組みで消費者の心をつかめるか。

(中島順一郎 撮影:吉野純治 =週刊東洋経済2010年12月11日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

◆JR東日本の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]



ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT