ベネッセの「しまじろう」、中国の子ども市場を開拓


 現在、グループのベネッセホールディングスが新たな成長領域と位置づけているのがシニア(介護事業)と海外(教育・語学事業)だ。シニアでは高齢者ホームを積極的に新設するとともに介護施設運営のボンセジュールを3月に買収し、事業拡大を進めている。

海外は、中国の教育分野が最大の有望市場だ。中国の国勢調査(00年)によれば、中国全体の人口12億4200万人のうち、9歳以下人口は約1億5900万人。日本の全人口を上回るボリュームであり、このうちの1割に当たる富裕層を対象と想定しても約1500万人。日本とは比較にならない巨大市場だ。

中国の教育市場は、厳しい学歴社会に加えて、急速な経済発展と一人っ子政策による教育投資熱の高まりから、猛烈な勢いで伸びている。以前だと沿海都市部の高所得者層に限られていた教育投資熱は、地方都市にも広がりつつある。

ベネッセの海外事業は、89年から台湾で0~8歳を対象とした講座を、06年3月からは韓国で0~6歳までの幼児向け講座を開始。21年目を迎えた台湾は会員数17万人、韓国は13万人(10年10月時点)にまで成長している。

そして06年6月、中国では小学生向けより先に1~6歳向け年齢別家庭学習商品の中国版「こどもちゃれんじ(楽智小天地)」を開始した。1カ月の受講費は平均100人民元(約1300円)。初年度は会員数3万人。そこからわずか4年半で会員数27万人にまで拡大した。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。