カプコン内紛劇の真相、モンスターハンター新作発売の裏で何が起きたのか 


 そもそも、同社は開発スタッフ1000人を抱える大所帯で、年間約50案件のゲーム開発を同時進行している。稲船氏はその全工程に責任を負っていた。

加えて、業界ではパソコンやスマートフォンで楽しむソーシャル(交流型)ゲームなどの新興勢力が急成長。カプコンも新分野の強化に乗り出しており、稲船氏の責任の範囲はさらに拡大。個別案件のプロデューサーとしても活躍していたが、管理業務は増える一方だった。

「クリエーターとしてより良い作品をつくりたいというのが、彼の本望だったのではないか」と小田民雄取締役は語る。稲船氏本人は沈黙を続けるが、独立の準備を進めているようだ。

カプコンは後任に営業部門トップの一井克彦常務執行役員を充て管理業務に専念させる。ゲーム激変期の中“カリスマ”離脱によるダメージを最小限に抑えられるか。

◆カプコンの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(梅咲恵司 撮影:引地信彦 =週刊東洋経済2010年12月11日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT