カプコン内紛劇の真相、モンスターハンター新作発売の裏で何が起きたのか 

カプコン内紛劇の真相、モンスターハンター新作発売の裏で何が起きたのか 

ゲームソフト中堅のカプコンは12月1日、人気ゲーム『モンスターハンター』の最新作『ポータブル3rd』を発売した。モンハンは複数のプレーヤーが協力しながら、巨大怪獣を倒すアクションゲームだ。前作『2ndG』は販売400万本の大ヒット。シリーズ販売累計は1300万本に達する。

発売日には東京都渋谷区でイベントを開催。前日夜9時からファンが並び始め、朝6時の開場時には400人以上が詰めかけた。

華やかなイベントで沸いたカプコン。だが、その裏では激震に見舞われていた。

前日の11月30日、成長戦略の中枢を担う開発部門のトップ、稲船敬二氏(常務執行役員)が会社を去ったのだ。稲船氏は『ロックマン』などのヒットタイトルを手掛けたクリエーターとして知られる。クリエーターがおろそかにしがちな採算管理でも力を発揮するなど、カプコンの屋台骨を支えてきた人物だ。

退社が発表されたのは、10月末の決算説明会の席上だった。突然の事態に、その経緯について質問が集中。だが、辻本憲三会長は「統治能力の向上が必要」と歯切れの悪い答弁に終始した。そのため、憶測が憶測を呼び、「権力闘争が原因か」とのうわさが関係者の間でささやかれていた。

ただ真相は泥沼の内紛ではなく、稲船氏が一人のクリエーターとしての生き方を選んだ、と見るのが正しいようだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。