まず公平感がなければますます希望を失う--『ポストモダンの正義論』を書いた仲正昌樹氏(金沢大学大学院教授)に聞く


 たとえば格差の話をするとする。努力の結果、収入格差が出ることに対してどう思うかという設問で、格差が2倍だと許せるか、100倍ではどうかと聞く。2倍ぐらいだったら許せるが、100倍は許せない、と直感的に思うかもしれない。その価値判断を直感で済ませないで、そう思った理由を説明してくれないか、と必ず理由を言わせる方向に持っていく。発言者はここで自問することになる。

──単なるディベートの授業ではないと。

ディベートのために意見の対立する人を選び出しているのではなくて、相手が違う意見を言い、それに何らかの理由をつける。それに対して自分はなぜ反発するのか考える。互いに自分たちが依拠している内的な原理、それを発見していくことにつながる。

確かに哲学の授業としても優れている。大学の政治哲学の授業なので、君の言っていることは哲学史の分類だとこれに入るかなと言って、それを哲学史的なマップの中で位置づけていく。そして、哲学史にはこういう価値判断の対立があったと理解させ、考えさせる。

──ハーバード大学での講義は、水準が高くありませんか。

その講義が本になっている。よく読んでみると、学生が前もって指定文献を読んでいるフシがある。読んできたねと言っているし、学生も、読んできてアリストテレスはこう言っていると引用する。ブログの話も出ている。おそらくサンデル氏がブログで解説し、それに意見を書き込むように促しているのだろう。授業の場に加えて、論点整理ができるようにいろいろ準備がされている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。