『クリスマス・ストーリー』--景気回復にとって大事なホリディ・シーズン《宿輪純一のシネマ経済学》


 フランス映画は、他の国、特に米国の映画とは違う。それはフランスでは映画は「第7の芸術」と考えられ特別な地位にあるからである。そのため、フランス映画は情緒的、哲学的、そして刹那的といった特色を持つ。また、映画というものは実は1895年にフランスでリュミエール兄弟によって誕生した。1946年には、フランス政府によって、世界3大国際映画祭の中でも最も権威がある「カンヌ国際映画祭」が始められた。

その後も、フランス語で「新しい波」を意味する「ヌーベル・バーグ」が起こり、トリュフォーやゴダールなどによって斬新な映画が作られた。しかし、最近ではハリウッド映画に押され加減で、逆にハリウッド型の映画も製作されるようになっている。



(c)Jean-Claude Lother/Why Not Productions


 そういったフランス映画の流れの中でカトレーヌ・ドヌーブは常に第一線で活躍している。彼女は43年パリ生まれで、この映画は2008年製作なので、当時65歳(!)である。最近も来日した。この年でこれだけチャーミングなのはすばらしい。彼女は、カンヌ国際映画祭グランプリに輝いた64年の『シェルブールの雨傘』に主演し、一躍、スターダムに躍り出た。

以降、映画出演作は100本を超える。ちなみに本作で共演の女優キアラ・マストロヤンニは、俳優マルチェロ・マストロヤンニとの間の実の娘でもある(娘よりも母親のほうがチャーミングという気がするのは筆者だけだろうか)。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 中学受験のリアル
  • はじまりの食卓
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。