TPP(環太平洋経済連携協定)に賛成 or 反対?--東洋経済1000人意識調査

TPP(環太平洋経済連携協定)に賛成 or 反対?--東洋経済1000人意識調査

参院本会議で仙石官房長官の問責決議が可決され、また、沖縄県知事選では普天間基地の移設は県外と主張している現職の仲井真弘多氏が当選するなど、菅内閣の政権運営は多難を極めている。TPP(環太平洋経済連携協定)への交渉参加についても、おひざ元の民主党内から強い反発を招いている。そういう状況の中、TPPについて聞いた。

TPPについて「協議の開始」を表明した日本。工業製品の輸出は増えるが、割安な海外農産物が輸入され国内農業は打撃を受けるとみられる。「参加したほうがよい」「どちらかといえば参加したほうがよい」の賛成派は6割超となった。

■年齢・性別・地域別クロス集計

【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の20歳以上の男女1000人、割付方法:性・年代(10歳刻み)人口動態割付、調査期間:2010年11月10~11日※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる
【調査協力】 マクロミル

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。