TPP(環太平洋経済連携協定)に賛成 or 反対?--東洋経済1000人意識調査

TPP(環太平洋経済連携協定)に賛成 or 反対?--東洋経済1000人意識調査

参院本会議で仙石官房長官の問責決議が可決され、また、沖縄県知事選では普天間基地の移設は県外と主張している現職の仲井真弘多氏が当選するなど、菅内閣の政権運営は多難を極めている。TPP(環太平洋経済連携協定)への交渉参加についても、おひざ元の民主党内から強い反発を招いている。そういう状況の中、TPPについて聞いた。

TPPについて「協議の開始」を表明した日本。工業製品の輸出は増えるが、割安な海外農産物が輸入され国内農業は打撃を受けるとみられる。「参加したほうがよい」「どちらかといえば参加したほうがよい」の賛成派は6割超となった。

■年齢・性別・地域別クロス集計

【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の20歳以上の男女1000人、割付方法:性・年代(10歳刻み)人口動態割付、調査期間:2010年11月10~11日※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる
【調査協力】 マクロミル

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。