テレビ販売は空前の活況…それでも売れない3Dテレビ

薄型テレビが空前の活況に沸いている。政府は来年3月に終了するエコポイントの反動減を最小限にするため、12月から対象商品の絞り込みやポイント半減などを実施した。そのため11月に入って、駆け込み需要がピークに達したのだ。

11月までの週末の家電量販店は長蛇の列。「11月のテレビ販売は前年同月比4倍」(ビックカメラ)とうれしい悲鳴が上がる。2010年の国内テレビ販売台数は約1800万台(09年1357万台)とみられていたが、今の勢いなら2000万台を軽く超えるだろう。

だが唯一、苦戦を余儀なくされているテレビがある。今年の年末商戦の本命とみられていた3Dテレビだ。

薄型テレビの販売台数に占める3Dの割合は、10月単月で3%となった(BCN調べ)。3D元年となる今年度は100万台が期待されており、6月に参入したソニーは国内シェア50%を目標に掲げている。パナソニックやシャープも参入済みで、年末商戦に向けて活発にテレビCMでアピールしている。

しかし家電量販店からは、「見込みの半分以下しか市場は膨らんでいないのでは」との声が漏れる。最大の敗因は、圧倒的な価格差にある。たとえば40型の薄型テレビ。10万円弱は当たり前だが、これにエコポイント2万3000円分がつけば割安感は抜群。一方、40型の3Dテレビは20万円弱と2倍の差がある。エコポイントがついても、1個1万円の3D対応眼鏡を二つ買えば帳消しだ。

皮肉にも、エコポイントによって低価格帯のテレビに人気が集中。単価の高い大型3Dテレビの存在感は薄れた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT