テレビ販売は空前の活況…それでも売れない3Dテレビ

薄型テレビが空前の活況に沸いている。政府は来年3月に終了するエコポイントの反動減を最小限にするため、12月から対象商品の絞り込みやポイント半減などを実施した。そのため11月に入って、駆け込み需要がピークに達したのだ。

11月までの週末の家電量販店は長蛇の列。「11月のテレビ販売は前年同月比4倍」(ビックカメラ)とうれしい悲鳴が上がる。2010年の国内テレビ販売台数は約1800万台(09年1357万台)とみられていたが、今の勢いなら2000万台を軽く超えるだろう。

だが唯一、苦戦を余儀なくされているテレビがある。今年の年末商戦の本命とみられていた3Dテレビだ。

薄型テレビの販売台数に占める3Dの割合は、10月単月で3%となった(BCN調べ)。3D元年となる今年度は100万台が期待されており、6月に参入したソニーは国内シェア50%を目標に掲げている。パナソニックやシャープも参入済みで、年末商戦に向けて活発にテレビCMでアピールしている。

しかし家電量販店からは、「見込みの半分以下しか市場は膨らんでいないのでは」との声が漏れる。最大の敗因は、圧倒的な価格差にある。たとえば40型の薄型テレビ。10万円弱は当たり前だが、これにエコポイント2万3000円分がつけば割安感は抜群。一方、40型の3Dテレビは20万円弱と2倍の差がある。エコポイントがついても、1個1万円の3D対応眼鏡を二つ買えば帳消しだ。

皮肉にも、エコポイントによって低価格帯のテレビに人気が集中。単価の高い大型3Dテレビの存在感は薄れた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT