ドワンゴ川上会長、「炎上は放置、謝らない」

「ネットが生んだ文化」、コピー、炎上、嫌儲

『ネットが生んだ文化(カルチャー)』(角川学芸出版)。上の画像をクリックすると特設サイトにジャンプします。

川上: 現実社会では「謝ったほうが得だ」という、一種の暮らしの知恵があるわけですが、ネットにおいてそれは通用しません。

もちろん、ネットのほうも、“謝らない会社”に対する嫌がらせのノウハウが蓄積してきたので、スポンサーや取引先などにみんなが一斉に苦情の電話をかけるといったことをやるわけです。それに対抗できるのか、ということを考えていくと、普通の会社だったら、「面倒だから謝れ」というような意見が出ちゃいますよね。

山田: なるほど。最後のキーワードが「嫌儲(人がもうける行為を嫌うこと)」です。これはどういうことでしょうか。

川上: 要するにネットの人たちは社会的弱者なので、経済的にも弱者であるケースが多いということです。だから、儲かっているような人が許せない。いろんな複雑な感情を持っているのです。

山田: 嫌儲は、増えていくのでしょうか。

川上: 間違いなく増えていきますね。国全体が貧乏になっていきますからね。

豊かさが増しているのに、誤解している人が多い

山田: それによって国が分断されるような危機は起こると思いますか。アメリカでは稼ぐ層と稼がない層が分断されてきており、ひとつの国としての統合にも危機が起きつつあるように見えます。

川上: 4~5年ぐらい前には、その危険が日本のネットでもあったと思います。その頃が一番、危機が大きかった時代じゃないでしょうか。ツイッターのブームによってネット発のムーブメントがちょっと起こりかけましたよね。今は、その危険はだいぶ遠ざかっているように思いますけれども。

山田: 最後に、世界観についての大きな質問なのですが、今の日本には根本的な問題がある、という風に思いますか。

川上: 十分に幸せでいいんじゃないですか。十分に幸せだし、十分に豊かですよね。今の世の中には、バブルの頃が良かったっていう人も多いと思いますけど、バブルの頃と今だったら、今のほうがずっと豊かですよ。

みんなそこを根本的に誤解しているんじゃないかという気はしますけど。技術は発展していますしね。だってバブルの頃、パソコンは貧弱だったしスマホなんかなかった。今のほうが絶対いいじゃないですか。何が不満なんですか、と思います。

(撮影:梅谷秀司)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。