スマホを「手振り」で操作する時代は来るか

<動画>電波の反射を使う「サイドワイプ」

ナレーションは英語で、本文が日本語訳です(音量にご注意ください)

ワシントン大学の研究室では、スマートフォンが新しいトリックを覚えているところだ。研究者のチェン・ザオ氏とマシュー・レイノルズ氏は、ユーザーがスマートフォンに触れることなく操作できるようにする、新しいタイプのセンサーを試している。

そう遠くない未来に、ポケットやカバンに電話を収めたまま、単純な手振りをするだけで音楽を切り替えたり電話の受信を拒否できるようになるだろう、と彼らは説明する。その新しいセンサーはサイドスワイプ (Sideswipe) と呼ばれ、飛行機がレーダーを利用するように、スマートフォンの電波信号を利用する。

ワシントン大学のコンピュータ科学者であるレイノルズ氏は述べる。「航空機やボートなどのレーダーを考える場合、トランスミッターを持っている状態なわけです。それは周囲にエネルギーを発し、近くの物体で跳ね返ります」。

この場合、物体とはユーザーの手のこと。手は、スマートフォンからの信号を元の場所へと反射する鏡の役割をする。

レイノルズ氏は言う。「私たちが何をするかと言えば、機械学習のアルゴリズムを使って、手振りによる変化のパターンを前回記録されたパターンと照らしあわせていきます。一致すれば、特定の手振りが行われたことになり、それに合った操作が行われます」。

小規模な試験で、チームは多数の手振りを試し、87パーセントの正確さでセンサーが機能したことを明らかにした。チームは現在、技術の微調整をしており、スマートフォンメーカーと協力してジェスチャー認識技術を研究室から市場へと出したいと考えているところだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。