痩せるVRゲーム「Ingress」とは?

毎日何キロも歩くのでダイエットにも

ここ2週間ほど、あるスマートフォンゲームにハマっている。おかげで体重は2kgほど落ちてしまったし、足腰のどこかが痛い。ベルトの穴もひとつ減ってしまった。しかし、不思議なことに体調はすこぶる良い。夜はよく眠れるし、朝の目覚めもバッチリだ。なにしろ毎日早朝からゲームをしてしまうからだ。

iPhone版が7月に登場

ただいま現在、全地球でどちらの陣営が優勢なのかを知ることができる

そのゲームの名前はIngress。あのGoogleが開発したVR(拡張現実技術)を利用したオンラインゲームだ。Android版は2013年10月からベータ・サービスが提供されていたのだが、iOS版の提供開始は2014年7月からだ。一部の人々が熱狂していることは知っていたのだが、10月下旬になって急に始めたのには訳がある

Ingressサービス開始2周年を記念して“経験値2倍、アイテムドロップ3倍”というキャンペーンにクラッときたからだ。これを機会に是非参加するべきだという友人の悪魔の声に誘われて入ってしまったのだ。「今ならプリンターも付いていてこの価格!さらに下取り価格は2万円!どうですかぁ?見逃す手はないですよねぇ?!」というテレビ通販の甲高い声に誘われて、つい画面を凝視してしまうボクとしては、まさに見逃す手はなかった。やってみて、面白くなければやめればいいのだ。なにしろ、このゲームの価格はゼロ。Googleが提供するのだから無料なのだ。

このゲームのサービス提供者はGoogle社内のスタートアップ、Niantic Labs(ナイアンティック・ラボ)だ。その代表はジョン・ハンケ氏。ハンケ氏はKeyholeという会社を立ち上げ、のちにGoogle Earthとなるサービスを開発していた。その会社をGoogleは2004年に買収したのだ。その後、ハンケ氏はGoogle Geo部門の責任者となりGoogle MapやStreat Viewなども手がけている。Ingressはその技術を利用したスマートフォンゲームである。

次ページIngressとはどんなゲームなのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT