うつ病新時代 その理解とトータルケアのために 張賢徳著

うつ病新時代 その理解とトータルケアのために 張賢徳著

厚生労働省の2008年の患者調査によると、うつ病患者は10年前に比べ2倍以上に増え、100万人を突破。入院患者数も糖尿病や肺がん、胃がんなどより多く、もはや国民病といっても過言ではないという。

自殺予防にも取り組む精神科医の著者は、うつ病が増える社会は健康的ではないとして、個人だけではなく社会全体のメンタルヘルスを考えなければならない「うつ病新時代」の到来を指摘する。

現代のうつ病とはどんな病気なのか。患者本人や家族はどのように向き合えばよいのか。うつ病の概念や種類、原因などを詳細に解説。治療法や予防法を具体的に挙げ、薬物治療にとどまらないトータルケアの必要性を提起す
る。

平凡社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。