うつ病新時代 その理解とトータルケアのために 張賢徳著

うつ病新時代 その理解とトータルケアのために 張賢徳著

厚生労働省の2008年の患者調査によると、うつ病患者は10年前に比べ2倍以上に増え、100万人を突破。入院患者数も糖尿病や肺がん、胃がんなどより多く、もはや国民病といっても過言ではないという。

自殺予防にも取り組む精神科医の著者は、うつ病が増える社会は健康的ではないとして、個人だけではなく社会全体のメンタルヘルスを考えなければならない「うつ病新時代」の到来を指摘する。

現代のうつ病とはどんな病気なのか。患者本人や家族はどのように向き合えばよいのか。うつ病の概念や種類、原因などを詳細に解説。治療法や予防法を具体的に挙げ、薬物治療にとどまらないトータルケアの必要性を提起す
る。

平凡社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT