うつ病新時代 その理解とトータルケアのために 張賢徳著

うつ病新時代 その理解とトータルケアのために 張賢徳著

厚生労働省の2008年の患者調査によると、うつ病患者は10年前に比べ2倍以上に増え、100万人を突破。入院患者数も糖尿病や肺がん、胃がんなどより多く、もはや国民病といっても過言ではないという。

自殺予防にも取り組む精神科医の著者は、うつ病が増える社会は健康的ではないとして、個人だけではなく社会全体のメンタルヘルスを考えなければならない「うつ病新時代」の到来を指摘する。

現代のうつ病とはどんな病気なのか。患者本人や家族はどのように向き合えばよいのか。うつ病の概念や種類、原因などを詳細に解説。治療法や予防法を具体的に挙げ、薬物治療にとどまらないトータルケアの必要性を提起す
る。

平凡社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。