誰も知らない「名画の見方」 高階秀爾著

誰も知らない「名画の見方」 高階秀爾著

なぜ名画は名画なのか。巨匠はいかにして巨匠になったのか。西洋画家24人を通じて明らかにされる。

たとえばフェルメールの代表作「真珠の耳飾りの少女」の目に描かれた白い点。生命感を与え、見る人はそのまなざしに釘付けに。ファン・エイクの「精緻なだまし絵」、ベラスケスの影だけで表した奥行き表現、ゴヤの過酷な運命に鍛えられた観察眼、それらがどう生かされたか。さらに、生命の源に母親の肖像を重ね合わせたゴーガン、絵画の職人・ルノワールの確かな計算、人を物のように描いたセザンヌの革新性とは……。

日本を代表する美術史家が、巨匠たちの手に成る名画80点余りを例にして、作品と画家の奥深い魅力を探る。

小学館101ビジュアル新書 1155円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。