誰も知らない「名画の見方」 高階秀爾著

誰も知らない「名画の見方」 高階秀爾著

なぜ名画は名画なのか。巨匠はいかにして巨匠になったのか。西洋画家24人を通じて明らかにされる。

たとえばフェルメールの代表作「真珠の耳飾りの少女」の目に描かれた白い点。生命感を与え、見る人はそのまなざしに釘付けに。ファン・エイクの「精緻なだまし絵」、ベラスケスの影だけで表した奥行き表現、ゴヤの過酷な運命に鍛えられた観察眼、それらがどう生かされたか。さらに、生命の源に母親の肖像を重ね合わせたゴーガン、絵画の職人・ルノワールの確かな計算、人を物のように描いたセザンヌの革新性とは……。

日本を代表する美術史家が、巨匠たちの手に成る名画80点余りを例にして、作品と画家の奥深い魅力を探る。

小学館101ビジュアル新書 1155円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT