大学破綻 合併、身売り、倒産の内幕 諸星 裕著

大学破綻 合併、身売り、倒産の内幕 諸星 裕著

日本の大学は本格的な淘汰の時代を迎えつつある。本書は大学教育が抱える問題点を洗い出し、時代にマッチした教育機関として再生するための方策を示したもの。

長年、大学の行政管理や改革を手掛けてきた著者は、教員や職員に「大学における最大の受益者は学生である」という自覚がないと断言。大学版「事業仕分け」と題し、研究者としては優秀でも教育者としては失格な教員や、活用されない図書館の蔵書などさまざまな無駄を指摘する。

経営的感覚の洗練や、その大学独自のミッションの明確化、学生たちにどんな付加価値を与えて社会に送り出すかといったビジョンを持つことなど、生き残りを懸けたさまざまな戦略を提言する。

角川oneテーマ21 760円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT