大学破綻 合併、身売り、倒産の内幕 諸星 裕著

大学破綻 合併、身売り、倒産の内幕 諸星 裕著

日本の大学は本格的な淘汰の時代を迎えつつある。本書は大学教育が抱える問題点を洗い出し、時代にマッチした教育機関として再生するための方策を示したもの。

長年、大学の行政管理や改革を手掛けてきた著者は、教員や職員に「大学における最大の受益者は学生である」という自覚がないと断言。大学版「事業仕分け」と題し、研究者としては優秀でも教育者としては失格な教員や、活用されない図書館の蔵書などさまざまな無駄を指摘する。

経営的感覚の洗練や、その大学独自のミッションの明確化、学生たちにどんな付加価値を与えて社会に送り出すかといったビジョンを持つことなど、生き残りを懸けたさまざまな戦略を提言する。

角川oneテーマ21 760円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの統計の裏側
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。