日本は世界4位の海洋大国 山田吉彦著

日本は世界4位の海洋大国 山田吉彦著

本書は中国や韓国、ロシアとの領有権問題などの具体的な解決方法を、さまざまな角度から分析する。中国が執拗に尖閣諸島の領有権を主張するのは、そこに潤沢な化石燃料が眠っているからで、裏返せばそれは、日本がメタンハイドレートを含む豊富なエネルギーを持っていることの証左ともなる。

海洋問題の専門家の著者は、それだけ日本の海は豊かだという。ほかにも魚などの食料は言うに及ばず、レアメタル、ウランなどが採れる可能性がある。それらの資源を積極的に活用すれば、日本は世界に冠たる海洋大国となれるというのが主張だ。

海洋開発の最前線から、資源の宝庫である海の無限の可能性を探る。

講談社+α新書 880円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?