日本は世界4位の海洋大国 山田吉彦著

日本は世界4位の海洋大国 山田吉彦著

本書は中国や韓国、ロシアとの領有権問題などの具体的な解決方法を、さまざまな角度から分析する。中国が執拗に尖閣諸島の領有権を主張するのは、そこに潤沢な化石燃料が眠っているからで、裏返せばそれは、日本がメタンハイドレートを含む豊富なエネルギーを持っていることの証左ともなる。

海洋問題の専門家の著者は、それだけ日本の海は豊かだという。ほかにも魚などの食料は言うに及ばず、レアメタル、ウランなどが採れる可能性がある。それらの資源を積極的に活用すれば、日本は世界に冠たる海洋大国となれるというのが主張だ。

海洋開発の最前線から、資源の宝庫である海の無限の可能性を探る。

講談社+α新書 880円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT