アジア太平洋のFTA競争 M・ソリース、B・スターリングス、片田さおり編

アジア太平洋のFTA競争 M・ソリース、B・スターリングス、片田さおり編

FTA(自由貿易協定)やEPA(経済連携協定)締結の動きが活発だ。漸進的なAFTA(東南アジア諸国連合自由貿易圏)以外は空白地域だった東アジアで、2国間に加えて複数国間での交渉が進んでおり、環太平洋にも広げて締結の動き(TPP)が盛り上がっている。

本書はFTAについて、特定の政策アイデアの国境を越えた伝播を説明する「政策拡散理論」を手掛かりに、模倣から競争に進む実態を、環太平洋7カ国をケーススタディとして取り上げ検証する。日本についてはむしろ深刻なジレンマに陥っていると分析する。

ネットワーク競争に加わらない犠牲は大きいとみられる一方、潜在的な国内調整コストは国々で異なり、またその利益には不明瞭さが伴うことがよくわかる。無秩序なFTAネットワークが構築されることから、アジアやラテンアメリカの将来の地域統合構想に予想外の負のインパクトを与えるとも、警告する。

勁草書房 3990円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT