アサヒビール、日本料亭の「なだ万」買収

1830年創業の老舗、海外拡大も期待

写真はなだ万のHPより

[東京 14日 ロイター] - アサヒビール(東京都墨田区)は14日、老舗の日本料理「なだ万」(東京都新宿区)の株式51.1%を取得することで合意したと発表した。年内に完了させる予定。「なだ万」が長年培ったノウハウを取引先の外食企業への営業力提案などに生かす。買収金額は非開示。

「なだ万」は1830年(天保元年)の創業。グループで国内に27店、海外では香港やシンガポールなどに7店の日本料理店を持つ。また、全国の百貨店などにおいて、惣菜や弁当を販売するなだ万厨房を37店展開している。2014年4月期の売上高が150億円、営業利益が5億円。

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング