アサヒビール、日本料亭の「なだ万」買収

1830年創業の老舗、海外拡大も期待

写真はなだ万のHPより

[東京 14日 ロイター] - アサヒビール(東京都墨田区)は14日、老舗の日本料理「なだ万」(東京都新宿区)の株式51.1%を取得することで合意したと発表した。年内に完了させる予定。「なだ万」が長年培ったノウハウを取引先の外食企業への営業力提案などに生かす。買収金額は非開示。

「なだ万」は1830年(天保元年)の創業。グループで国内に27店、海外では香港やシンガポールなどに7店の日本料理店を持つ。また、全国の百貨店などにおいて、惣菜や弁当を販売するなだ万厨房を37店展開している。2014年4月期の売上高が150億円、営業利益が5億円。

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。