紳士服のAOKIで、労組と会長が批判の応酬、深まる溝

紳士服のAOKIで、労組と会長が批判の応酬、深まる溝

わずか4カ月余りで、8割以上が労働組合から脱退──。AOKIホールディングス(HD)傘下、紳士服AOKIの労組であるAOKIグループユニオンが9月9日、神奈川県労働委員会に救済申立書を提出した。会社側から、組合員への脱退勧奨や強要などの「不当労働行為」があった、との訴えだ。

6月に1640人ほどいたAOKIの組合員(全社員約4500人)は、今や230人前後まで急減。組合側は、会社による大規模な組合“脱退工作”を指摘する。一方の会社側は、「組合の無理な組織拡大によって、既存組合員にあった不満が顕在化し、自壊していった」(清水彰・AOKI社長)と説明しており、対立は先鋭化している。

一人勧誘で3000円

実は同業でも、とりわけオーナー企業の場合、青山商事やユニクロをはじめとして、社内に労組を持たないケースが多い。もともとAOKIにも組合は存在しなかった。

AOKIグループユニオンが誕生したのは2003年。同業で名古屋地盤のトリイを子会社化した際、社内にあった組合組織を引き継いでからだ。旧トリイ時代は会社側とユニオンショップ協定を結び、従業員は組合への加入が全員義務づけられていた。それがAOKIへの吸収合併を機に、従業員自身が加入・非加入を選べる、オープンショップの組合へと変わった。

同労組の組合費は正社員で、月給の1・7%に、上部団体であるUIゼンセン同盟などへの団体費1100円を加えたもの。平均で年約8万円と負担は軽くないが、組合員数は順調に増えていった。特筆すべきは、「正社員を組合に勧誘したら3000円」「パート社員なら1000円」という稀有な功労金制度が設けられ、積極的に勧誘されてきたことだ。これは今年3月まで続く。ただそんな中でも「労使関係は大きなトラブルもなく良好だった」(柴山敏郎・中央執行委員長)。

“異変”が顕在化し始めたのは今年4月である。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。