日本の医者 中井久夫 著

日本の医者 中井久夫 著

医学界に対する厳しく温かい分析、批判、提言を続けてきた著者が1960年代に発表し、「幻の名著」とも呼ばれてきた3作を復刻したものである。「日本の医者」「抵抗的医師とは何か」「病気と人間」の3部からなり、医学界の現状(当時の状況というべきだが)、医者としていかに生きるべきか、どう行動すべきか、そして病気とは何か、医療とは何か、等々が懇切丁寧に述べられている。

医療技術は劇的な進歩を遂げ、医療制度には修復が難しいほどのほころびが生じているとはいえ、医療の現場が抱える問題点は基本的に変わっていないといって差し支えない。であればこそ半世紀前に投じられた問題提起と提言が、今なお重要な意味を持って迫ってくるわけで、ここから本質的で新たな議論が広がることを期待したい。平易で読みやすいが、さすがに時の流れを感じさせられる記述も散見される。著者の解説に加え第三者による解題があればなお良かった。(純)

日本評論社 2100円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。