うつと気分障害 岡田尊司著

うつと気分障害 岡田尊司著

うつの潜在患者は300万人とも600万人ともいわれる。その原因は、気質や遺伝もあるが、複雑な現代社会の過剰なストレスによる部分が大きいという。最新の研究では、これまで人類が進化の中で長い年月をかけて確立してきたライフスタイルが、工業化と科学技術の発達、あるいは行きすぎた商業主義によって急変してしまい、その過程でかつては持っていたうつに対する抵抗力を失いつつあるという説もある。

本書には、うつと双極性障害(躁うつ病)の基礎知識から、対処の仕方や予防法まで網羅されている。精神科医である著者は、睡眠、食事、運動、対人関係など、ライフスタイル全般を見直すことが何よりも先決と説いている。

幻冬舎新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。