日本的感性 触覚とずらしの構造 佐々木健一著

日本的感性 触覚とずらしの構造 佐々木健一著

日本人が世界をどのようにとらえてきたか、その美的感覚を文化的背景から考察する。美学者である著者は、「感性にとって最適の表現媒体」である和歌を素材にその特性に肉薄する。

たとえば、与謝野晶子の短歌「清水へ 祇園をよぎる 桜月夜 こよひ逢う人 みなうつくしき」に、日本人特有の花の感じ方を見る。西洋人はバラやチューリップなど、一輪でもそれを鑑賞の対象とする。ところが、晶子の歌は桜の一輪ではなく、群生する桜の花が包み込む空間自体を美の対象としてとらえる。

かように日本人は、広がりの中に自らを見いだすことを好む民族なのである。この感性こそ、「日本的感性」の特徴の一つだと論じる。

中公新書 903円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。