デジタル時代の著作権 野口祐子著

デジタル時代の著作権 野口祐子著

見逃したテレビ番組もインターネットで検索すれば動画サイトで視聴できたり、書籍をスキャニングして検索するサービスが登場したりと、デジタル化の進展で今や著作物の複製や改変、送信は一般化しつつある。

こうした変化の前に創作者の権利、すなわち著作権が、旧来の法体系では対応しきれない状況にある。著作権をめぐり、今何が変わり、何が問題となっているのか。アメリカで最先端のデジタル著作権を研究した知的財産法の専門家が、現在の日本の著作権制度の仕組みと成り立ちを振り返り、デジタルネットワーク技術の普及によって著作権者が直面しているさまざまな問題を整理。これからの著作権法のあり方を提言する。

ちくま新書 903円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。