エプソムカレッジ・マレーシア校に行ってみた

広大なキャンバスで伝統的な英国教育を

右が今回説明してくれたマーケティング・コンサルタントのゲイリー・フー氏。左はマーケティング&国際関係ディレクターのネオ・スーン・ケン氏

広大な敷地に寮生活、英国での長い伝統のある分校、というと、ジョホールバルに2013年に開校して話題になった、マルボロカレッジを想起させる。

「実際、私たちとマルボロカレッジは非常に近い考え方と持っていると思います。場所がジョホールバルと、クアラルンプールと違います」とフー氏。

アジアの子どもたちの学びの場として

入学テストは英語、算数、IQそして面接が必要になる。日本人が入学するとなるとどうしても英語が問題になるが、英語へのサポートはあるのだろうか「英語に弱い生徒を助けるためのELSのようなものは設置していませんが、必要に応じて教師がサポートします。入学には基本的な英語力は必要でABCから学びたいというお子さんには難しいです。実際に英語がほとんどできず、1年目のテストでは不合格だったのですが、その後、自分で英語を勉強した上で再度受験し、現在当校で学んでいる子がいます」

通いの生徒の中には遠くクアラルンプールから毎日通学する子どももいるという。「アジア中からの子どもたちが集まる日を夢見ています」とフー氏は締めくくってくれた。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT