エプソムカレッジ・マレーシア校に行ってみた

広大なキャンバスで伝統的な英国教育を

右が今回説明してくれたマーケティング・コンサルタントのゲイリー・フー氏。左はマーケティング&国際関係ディレクターのネオ・スーン・ケン氏

広大な敷地に寮生活、英国での長い伝統のある分校、というと、ジョホールバルに2013年に開校して話題になった、マルボロカレッジを想起させる。

「実際、私たちとマルボロカレッジは非常に近い考え方と持っていると思います。場所がジョホールバルと、クアラルンプールと違います」とフー氏。

アジアの子どもたちの学びの場として

入学テストは英語、算数、IQそして面接が必要になる。日本人が入学するとなるとどうしても英語が問題になるが、英語へのサポートはあるのだろうか「英語に弱い生徒を助けるためのELSのようなものは設置していませんが、必要に応じて教師がサポートします。入学には基本的な英語力は必要でABCから学びたいというお子さんには難しいです。実際に英語がほとんどできず、1年目のテストでは不合格だったのですが、その後、自分で英語を勉強した上で再度受験し、現在当校で学んでいる子がいます」

通いの生徒の中には遠くクアラルンプールから毎日通学する子どももいるという。「アジア中からの子どもたちが集まる日を夢見ています」とフー氏は締めくくってくれた。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。