世界の国 1位と最下位 国際情勢の基礎を知ろう 眞淳平著

世界の国 1位と最下位 国際情勢の基礎を知ろう 眞淳平著

世界でいちばん国土面積が広い国といえばロシア。サウジアラビアを抑え産出量では世界1位の石油をはじめ、広大な国土にある豊富な天然資源を戦略的に活用し、経済発展を遂げている。もともとはモンゴルの支配下にある小国にすぎなかったロシアは、どうやって大国へと成長していったのか。一方、小国バチカンが誕生した経緯とは。

面積、人口、GDP、税金、軍事力、石油・天然ガスの生産・輸出、貧困率、食料自給率、進学率で、それぞれの上位、下位の国を紹介。そうした状況が生まれた歴史的な背景を探り、日本の状況も交えつつ現状の問題点や今後の課題も解説する。世界の大国と小国を対比させながら国際情勢の基礎が学べる。

岩波ジュニア新書 903円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。