梅棹忠夫 語る 聞き手 小山修三

梅棹忠夫 語る 聞き手 小山修三

いわく「自分の足で歩いて、自分の目で見て、自分の頭で考える」「思いつきこそ独創や。思いつきがないものは、ひとのまねということや」「『分類するな、配列せよ』。機械的に配列や。大事なのは検索」「一番いかんのは、美的にかざることやな。それで、何かいいものができたみたいに思う」「日本における悪しき伝統として、インテリ道というのがある」「インドが東洋なら、日本は東洋ではない。日本が東洋なら、インドはもうぜんぜん東洋とちがう」「学問から思想は出てこない。思想から学問はあるな」、そして「マルクスには『べき』がある。わたしには『べき』がない」。

著作集23巻をものした語り手による、「座談の名手」の面目躍如の「最後の対話」集。

日経プレミアシリーズ 892円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT