残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 橘 玲著

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 橘 玲著

自己啓発本にかねて違和感を持つ著者は、勝間和代・香山リカ論争から切り込んでいく。そして、「“やればできる”という自己啓発では、この残酷な世界を(ほとんどの人は)生き延びることはできない」として、「“やってもできない”という事実を受け入れ、それでも幸福を手に入れる」ための新しい成功哲学を、「伽藍(がらん)を捨てバザールに向かえ」と「恐竜の尻尾のなかに頭を探せ」という言葉で説く。

著者も、一読でこの言葉の意味が読者に理解できるとは思っていない。幸福に至る自己啓発での狙いを3要素に「因数分解」して、多くの「名著」を借りつつ吟味し、その成功の方法をかみ砕いて説明する。

後者の成功哲学は、何とか好きなことで評判を得て、それを収入につなげられれば、テールでも生きていくことが可能という「ショートヘッド・ロングテール論」に基づく。信奉者にはこたえられない「橘玲の世界」が展開される。

幻冬舎 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT