残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 橘 玲著

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 橘 玲著

自己啓発本にかねて違和感を持つ著者は、勝間和代・香山リカ論争から切り込んでいく。そして、「“やればできる”という自己啓発では、この残酷な世界を(ほとんどの人は)生き延びることはできない」として、「“やってもできない”という事実を受け入れ、それでも幸福を手に入れる」ための新しい成功哲学を、「伽藍(がらん)を捨てバザールに向かえ」と「恐竜の尻尾のなかに頭を探せ」という言葉で説く。

著者も、一読でこの言葉の意味が読者に理解できるとは思っていない。幸福に至る自己啓発での狙いを3要素に「因数分解」して、多くの「名著」を借りつつ吟味し、その成功の方法をかみ砕いて説明する。

後者の成功哲学は、何とか好きなことで評判を得て、それを収入につなげられれば、テールでも生きていくことが可能という「ショートヘッド・ロングテール論」に基づく。信奉者にはこたえられない「橘玲の世界」が展開される。

幻冬舎 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。