ソニー、スマホ再建に背水の陣 巨額損失の計上で上期は最終大赤字

拡大
縮小

しかし、夏場以降、想定外に収益環境が悪化したのがスマホだった。特に中国で小米(シャオミ)など現地の格安スマホメーカーが台頭し、ソニーのスマホ需要を侵食。「(モバイルの)中国については大幅縮小する方針」「(今通期のスマホ販売台数で)下方修正した200万台はすべて中国市場」――。決算会見で吉田CFOは中国での苦戦ぶりを明かした。

今中間決算に先立ち、発表されたのがSOMC社長の交代である。現社長の鈴木国正氏は経営不振の責任をとって辞任。新たに11月、社長に就任するのが、吉田の右腕としてソニーの構造改革に腕を振るっている、現業務執行役員の十時裕樹氏である。

託されたスマホ再建

十時氏は入社来、財務畑が長く、ソニー銀行設立を主導して頭角を現わした。その後、吉田が社長を務めたグループ会社ソネットで副社長を務めた経緯がある。

吉田CFOは「(十時氏の)ミッションは、よい商品を出すということもあるが、何より収益を安定化させること。そのためにも追加の構造改革はありうる」と話す。今後のソニー再建のカギは、十時氏による“スマホの構造改革”にかかることになる。

同時に決算発表したパナソニックが、通期の業績見通しを上方修正したのとは対照的に、2期連続の最終赤字と苦戦が目立つソニー。しかし今上期、ソニーは課題のテレビが約11年ぶりに2四半期連続で営業黒字を計上するなど、構造改革の効果も徐々に表れているのも確か。テレビ、パソコンに続く、構造改革の本丸にどうメスを入れるのか――。十時氏の手腕が試されることになる。

許斐 健太 『会社四季報 業界地図』 編集長

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

このみ けんた / Kenta Konomi

慶応義塾大学卒業後、PHP研究所を経て東洋経済新報社に入社。電機業界担当記者や『業界地図』編集長を経て、『週刊東洋経済』副編集長として『「食える子」を育てる』『ライフ・シフト実践編』などを担当。2021年秋リリースの「業界地図デジタル」プロジェクトマネジャー、2022年秋より「業界地図」編集長を兼務。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT