ソニー、スマホ再建に背水の陣

巨額損失の計上で上期は最終大赤字

しかし、夏場以降、想定外に収益環境が悪化したのがスマホだった。特に中国で小米(シャオミ)など現地の格安スマホメーカーが台頭し、ソニーのスマホ需要を侵食。「(モバイルの)中国については大幅縮小する方針」「(今通期のスマホ販売台数で)下方修正した200万台はすべて中国市場」――。決算会見で吉田CFOは中国での苦戦ぶりを明かした。

今中間決算に先立ち、発表されたのがSOMC社長の交代である。現社長の鈴木国正氏は経営不振の責任をとって辞任。新たに11月、社長に就任するのが、吉田の右腕としてソニーの構造改革に腕を振るっている、現業務執行役員の十時裕樹氏である。

託されたスマホ再建

十時氏は入社来、財務畑が長く、ソニー銀行設立を主導して頭角を現わした。その後、吉田が社長を務めたグループ会社ソネットで副社長を務めた経緯がある。

吉田CFOは「(十時氏の)ミッションは、よい商品を出すということもあるが、何より収益を安定化させること。そのためにも追加の構造改革はありうる」と話す。今後のソニー再建のカギは、十時氏による“スマホの構造改革”にかかることになる。

同時に決算発表したパナソニックが、通期の業績見通しを上方修正したのとは対照的に、2期連続の最終赤字と苦戦が目立つソニー。しかし今上期、ソニーは課題のテレビが約11年ぶりに2四半期連続で営業黒字を計上するなど、構造改革の効果も徐々に表れているのも確か。テレビ、パソコンに続く、構造改革の本丸にどうメスを入れるのか――。十時氏の手腕が試されることになる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT