中国市場は"捨てる"、日本触媒の自信

工場の爆発事故から2年。池田全德社長に聞く

 ――広大な埋め立て計画が消えてしまった。となると、今回発表されたSAPの5万トン増設の「次」はどうなりますか。

紙おむつ用の吸水材としては当分、SAPに代わるものが出てこない。今後、新興国の紙おむつ需要が本格化するし、先進国では高齢者向けが増える。SAPは中長期的に年率5~7%の成長が見込める、と思う。

すると、今回の姫路の5万トンプラントが動いても、2018年半ばにはモノが足りなくなる。そこを目指して、さらに5万トンプラントを2系列、原料となるアクリル酸10万トンをセットで新設する計画を立てている。

それをどこに作るか。候補地はベルギーのアントワープ、国内の川崎か千葉、米国ヒューストンを考えている。営業サイドからベルギー増設の要望が強く、事業化調査はアントワープを最優先で進めているが、川崎、千葉の可能性も残っている。

「中国の市場なんてどうでもいい」

いけだ・まさのり●1953年生まれ。76年日本触媒に入社。98年海外事業部長、2002年経営企画室長、03年に取締役就任。常務、専務、副社長を経て11年4月から現職

個人的には、日本で作りたい。日本を空洞化させたらいかんでしょう。何より、海外で建設すれば、人の問題が大変。日本なら、マザー工場の姫路の人間を送ればいい。

川崎や千葉のコンビナートでは石油化学企業の撤退が相次ぎ、土地が空く。コンビナートの中だから、蒸気や水、発電設備などのユーティリティが整っているし、川崎なら、既存の自社工場と一体運営できるメリットもある。姫路よりコストは高いが、まあまあの効率を実現できる。

――一方で、中国のSAP工場の増設を取り止めました

中国は地元メーカーが競って工場を建設し、安売り競争に走っている。そういう所で投資しても回収できない。韓国もそうだが、中国には知的所有権上のリスクもある。

ライバル企業が中国で増設しているが、あんな危ないことをよくするな、と思う。当社が03年、中国・張家港に初めて工場を作った時も、私は反対だった。中国の市場なんてどうでもいい。捨てていますから。

次ページ中国を捨てている?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT