偶然とは何か その積極的意味 竹内 啓著

偶然とは何か その積極的意味 竹内 啓著

「偶然」は不合理であり、避けられないものでもある。そこで人は自分に都合のいい偶然を「幸運」、都合の悪い偶然は「不運」として、その起こりやすさを「確率」で表現する。最近の数学的理論では偶然を「不確実性」という言葉に置き換え、それに伴う損失を「リスク」と呼び、それを処理する「リスクマネジメント」の研究も盛んだ。しかし数理統計学の専門家である著者は「偶然の問題はすべてを確率と期待値で割り切れば解決するのか」と疑問を投げかける。

偶然とは単に必然の否定にすぎないのか。生物の進化や人間の歴史から偶然が持つ積極的な意味を考察し、「本質的偶然」に対し、どう主体的にかかわるべきかを論じる。

岩波新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT