偶然とは何か その積極的意味 竹内 啓著

偶然とは何か その積極的意味 竹内 啓著

「偶然」は不合理であり、避けられないものでもある。そこで人は自分に都合のいい偶然を「幸運」、都合の悪い偶然は「不運」として、その起こりやすさを「確率」で表現する。最近の数学的理論では偶然を「不確実性」という言葉に置き換え、それに伴う損失を「リスク」と呼び、それを処理する「リスクマネジメント」の研究も盛んだ。しかし数理統計学の専門家である著者は「偶然の問題はすべてを確率と期待値で割り切れば解決するのか」と疑問を投げかける。

偶然とは単に必然の否定にすぎないのか。生物の進化や人間の歴史から偶然が持つ積極的な意味を考察し、「本質的偶然」に対し、どう主体的にかかわるべきかを論じる。

岩波新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。