武器なき“環境”戦争 池上彰、手嶋龍一著

武器なき“環境”戦争 池上彰、手嶋龍一著

ともにNHK出身のジャーナリストが、環境問題を通じて世界のあり方と日本の進むべき道を提示する対論集。

「環境の世紀」といわれる今世紀は、地球温暖化の阻止が全地球的な課題であり、それは国際政治の中心的なテーマでもあるという。そうした中で、日本がCO2排出量を減らす手段を武器に、独自の外交戦略を構築する必要性を強調する。「排出権取引」や「カーボン通貨」など、したたかな他国が決めた枠組みを鵜呑みにする一方では、自分たちが不利になるばかりと。

日本は世界トップレベルのエネルギー効率を達成している。その省エネ技術を武器に、国際的な発言力やシステム構築で世界をリードしていく方法論を模索している。

角川SSC新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT