オスプレイ選定の不透明、対抗馬は商用機?

防衛省は「複数候補から選んでいる」と強弁

「ティルト・ローター機には複数候補がある」として、その名前が利用されているアグスタウェストランド社のティルト・ローター機AW609。これは軍用機ではない(提供:アグスタウェストランド)

10月26日、茨城県の百里基地には多くの航空機が集結する。自衛隊60周年という節目に行われる航空観閲式の様子は、テレビニュースなどでも盛んに報道されることだろう。なかでも、目玉の1つとして、ティルト・ローター機(可動式のローターを持つ航空機)「オスプレイ」の編隊に注目が集まるはずだ。

このオスプレイには、大きな問題がある。防衛省は、現在の中期防衛力整備計画で、陸上自衛隊用のティルト・ローター機を17機調達するとしており、具体的にどのような機種を購入するかは未定としている。しかし、実態は、はじめから「オスプレイ購入」という結論ありきであり、極めて杜撰な決定方法だ。

防衛省は2014年度の予算でティルト・ローター機の導入に向けた調査として1億円の予算を計上しているが、仮に4月1日に予算を計上したとしてもこれまで、わずか半年程度。どれだけの調査を行ったのだろうか。予算はアリバイ工作と言われても仕方ない。こうした問題点は、オスプレイの拙速導入は、安倍政権による濫費にも書いた通りだ。

ティルト・ローター機の候補はMV-22オスプレイ以外には、存在しない。これが間違いのない事実なのだが、防衛省は複数の候補が存在し、その中から調達するのだと言い続けている。

「AW609も候補である」

武田博史報道官

この問題について、筆者は防衛省に繰り返し質してきた。10月20日防衛省の報道官定例会見で武田博史報道官は、ついに別候補の存在について言明した。

筆者の「オスプレイ以外の候補とは何か」との質問に対し、「陸自の運用を鑑みた上で、アグスタウェストランド社のティルト・ローター機、AW609も候補である」と述べたのである。ただし、これまで防衛省の入札に応札してきたのは米国防省のオスプレイだけであり、年末までに機種を決定するとも述べた。

10月24日の防衛大臣記者会見において、筆者はこの点を江渡聡徳防衛大臣に質した。その模様は防衛省のサイトにも掲載されている。やや長くなるが、その内容を以下に引用する。

Q:月曜日に報道官にお尋ねしたのですが、ティルト・ローター機の機種選定に関してなのですが、候補機としては運用なども考えた上でアグスタウェストランドのAW609も入っていたというふうにおっしゃったのですが、これがオスプレイが24トン、全備重量24トンに対して、AW609は7.62トン、約3倍違うのですね。ペイロードがオスプレイ9トンに対して2.5トン、定員が完全装備の兵士24名に対して、609は6~9名。そもそも民間機ですし、軍用機としての非常に荒い使い方をする想定されていませんし、609は牽吊して荷物を運んだり、ランプドアもありませんし、全く違うカテゴリーの航空機ではないかと思うのですが、これを同じ候補として挙げたことに何か違和感を感じられませんか。
A:あくまでもこのティルト・ローター機の取得にあたりましては、公平で公正な入札をきちんとしなければいけないという観点がございます。それ故に提案書を提出していただいて、その中身について、今現在評価を行っているところでございまして、確かにいろいろ所要が変わっているかもしれませんけれども、MV-22とこのAW609、AW609の方が提案書を出してくれば、そのことも踏まえてわが省として、しっかりと評価を行うという形になろうかというふうに我々は考えておりました。ただ、現段階においては、この提案書を提出していただいているのはMV-22のみであるということであります。ですから、それを今評価を行っているということで、この本年中に機種を決定するというような形になろうかというふうに思っておりますけれども、いろいろな所要の中身等々、いろいろ違い等があるかもしれませんけれども、わが省としては、公平で公正な形のきちんと入札を行いたいという観点から、オープンで提案書を提出していただきたいというふうにやっていたところであります。
次ページダンプカーの候補に軽ワゴンを入れるようなもの
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT