30歳から「成長した人」「しなかった人」の考え方 ちょっとした考え方の違いが大きな差を生む

印刷
A
A
どんな行動や考え方をしている人が、30代以降「伸びる人」になれるのでしょうか? (まんが:ただっち)
この記事の画像を見る(5枚)
30歳前後は出世や結婚、出産など、それぞれの道に違いが現れてきて、「まわりに後れをとっている」「この道でいいのか」「この先、方向転換が難しくなる」など焦りを感じる時期でもあります。こんなとき、「どんな行動をとっているか」「どんな考え方をしているか」が、30歳から伸びるか、30歳で止まるかの大きな分かれ目になるのです。では、どんな行動や考え方をしている人が、30代以降「伸びる人」になれるのでしょうか? 『まんがでわかる 30歳から伸びる人、30歳で止まる人』を書いた作家の有川真由美さんと漫画家のただっちさんが解説します。

「安定」より「変化」を選ぶ人は伸びる

(まんが:ただっち)

人生は選択、選択の連続です。「どっちにしようかな」「進もうか、やめようか」という選択の場面が絶えずやってきて、私たちは自分の意思で、それを選んでいます。だから、私たちのいまの状態は、自分で選んできた結果なのです。

私はこれまで、30歳から伸びていった多くのすばらしき仕事人たちにインタビューをしてきましたが、多くの人が言うのは、「いつも決まって難しいほうを選んできた」ということ。ある女性に、その理由を聞くと、「楽しいからです。簡単なものって、みんながそっちに進むじゃないですか。『できる? できない?』って聞かれたら、『できない』って言うのは簡単。だけど、『できる』と答えるほうを選んだら、もっと前に進めるかもしれないって考えで生きているんです」

30歳から伸びる人たちは、いつも「攻め」の姿勢で仕事をしています。お給料がいいから、評価されるから、将来のために、という損得勘定ではなく「楽しそう! やりたい!」とおもしろがって。仕事は自分から進んでやろうとすると、なんでもおもしろくなる。

これに対して、残念ながら、腰が引けてしまって、30歳で止まってしまう人たちもいます。「できれば、難しいことはしたくない」「ラクなのがいちばん」と。でもラクな道は、“それなり”なのです。「ゆるく長く働きたい」とラクな道を選んだ人の多くは、最初はよくても数年もすると「これでいいのかしら」と将来に不安を感じ、昇格試験を受けたり、転職や資格取得を目指したりするようになります。もともと力はあるのですから、やり甲斐、評価、地位、給与など“それなり”に甘んじ続けることに、心地悪さを感じてしまうし、なにより、つまらない。

次ページ安定ばかりを目指すと…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT