資格取得を「リスキリング」と勘違いしている人へ VUCA時代こそ「汎用的読解力」で自分軸を持つ

印刷
A
A

逆に、次から次へと自己啓発本を読むことがやめられないとか、すべてのケースを網羅的に知らなければ先のことなど考えられないという場合は、「汎用的読解力」が不足しているのかもしれません。

不透明で先が見えない世の中だからこそ、資格をたくさん持っていれば、自分を助けてくれるに違いないと思っている人は少なくありません。けれど、前途有望なベンチャー企業がそんな有資格者を探しているかというと、そうではありませんよね。

人生100年時代は「Π(パイ)型」スキルで

これまでは、人生は80歳ぐらいまでかなと思われていて、22歳で企業に新卒採用され、65歳まで働いたら、年金をもらって、旅行や趣味などをして過ごすというイメージがありました。

しかし、人生100年時代になり、そんな人生設計は崩れざるをえません。

これからは、人生で4~5回転職して、ダブルワークといった人生も普通になっていくでしょう。70~75歳まで働くことを視野に入れなければ、厳しい時代になると思います。そんなに働かなくちゃいけないのか……と途方に暮れてしまう方も少なくないでしょう。

一方で、そんな時代を「面白い」と感じる方もいます。例えば、大企業で働きつつ、まだ元気な50歳ぐらいまでに十分にリスキリングをしていると、そこからの人生「二毛作」をいかに豊かに過ごすか、ということを基準にしたライフシフトができますし、第2の人生にマッチした転職ができるわけです。

これまでのように、人事1本、総務1本という形ではなく、リスキリングによって、そこに何かプラス1本のスキルが加われば、支えが2本ある「Π型」の人生になり、より安定します。二毛作へのシフトがうまくいけば、さらに三毛作も可能となり、年金は受け取らずに長く働くということもできるでしょう。

■社会貢献はリスクヘッジになる

大事なことは、年齢が上がるほど、地域や社会への貢献性を高めていくことです。これは、自分自身のリスクヘッジにもなります。歳を取れば取るほど、地域とつながり連携しているほうが、何かあったときに助けてもらえる可能性が高まりますからね。

それを、単に趣味やボランティアにとどめるのではなく、小さくてもビジネスにすると、責任感や「わくわく感」が高まります。そのためには、人々が困っていることに敏感になる必要があります。多くの人が困っていることに対して、何らかの支援をしてあげることは、ビジネスになるのです。

次ページ読解力がないことで困っている人が多い
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT