資格取得を「リスキリング」と勘違いしている人へ VUCA時代こそ「汎用的読解力」で自分軸を持つ

印刷
A
A

たとえば、「連絡先は、30件だけ残す」と決めてみます。すると、どのつながりをあきらめるべきかについて考えるようになります。この人と会うのは、楽しさも含めて、損得でなく、自分がそこからなにか得られているのか、それとも単に浪費しているのかが見えてきますよ。

等身大の自分を知る

ただ、デトックスも、「デトックスしている自分」という幻想を抱くのはダメですね。

通信教育を受けたり、おしゃれなモノを手に入れることで、「素敵な生活」「ちゃんとした私」になった気分になってしまう人もいますが、それは「自分」を買おうとするようなものです。でも「自分」は、どこにも売っていない。

大事なのは、あなた自身が、あなたのことを知らなければいけないということ。売られている商品はあなたを知りません。あなただけの、あなたらしさでもない。パッケージされた「自分らしさ」を買いに行く時点で、人生の二毛作、三毛作は期待できません。それは、弱い心につけ込むパッケージ戦略なのです。

『AIに負けない子どもを育てる』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

ですから、まずは静かに「自分は誰ですか」を自らに聞いてみるということをしていただきたい。

そのためには、鏡を見て、等身大の自分を知ることです。鏡を見て、自分の姿をありのままに見るのは怖いことです。でも、自分がどの程度かをまず知ることは重要ですし、それがリスキリングのベースになります。

リーディングスキルテストの意義もそこにあります。読解力があるのか、ないのかを、本人も親も教師も知り、受け入れる。そこから始めることが重要なわけです。

歪まずに自分を見るためにも、デトックスして、リーンになる。そして、等身大の自分を見ることが怖くなくなることが、人生100年時代を個として連帯して生きることにつながっていくでしょう。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT