田中良和・グリー社長--1億人ではまあまあ、10億人が使うサービスで一流だ


--バーチャルなアイテムにおカネを使わせるゲームビジネスには、はやり廃りの波があるのでは。

それはまったく違う。昨日まで週5日渋谷に行っていた人がいる。今起きているのは、その人が週4日渋谷に行って、1日はSNSをしているということ。

渋谷で何をしているかというと、友だちとカラオケしました、お茶飲みました、洋服買いました、といったこと。いずれも生活に不可欠な行為ではなく、友だちや恋人との生活の中で必要なことをし、モノを買っている。別にそれでなくてもいい。友人と過ごすのに使うおカネと時間の一部がネット上で、SNSで消費されているということだ。

だから、ゲームにおカネを使っているというより、交際費だったり娯楽費だったりする。リアルの対面コミュニケーションで消費されていたものの一部が、ネットに移っている。その1つがソーシャルゲームと呼ばれているものになっている。

そのため、インターネット上のコミュニケーションで求められるものを提供するということが、本質的なテーマになってくる。

--プラットフォームをオープン化したが自らが最大のゲーム事業者でもある。ゲーム提供者との関係をどう構築するのか。

プラットフォーマーとして、ソーシャルゲームを作り続ける必要はある。任天堂やアップルがイノベーションを起こしているが、それは自らプラットフォームから手掛けているからできることだ。プラットフォーマーにとって、サードパーティ(他社)にいろんな可能性があることを示すのも重要な役割だ。

ただ、アプリのレベルでは、自分だけですべてのニーズを満たすことはできない。われわれが気づかないようなイノベーションを起こしてもらうために、いろんな人に参加してもらうことが必要になる。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ひと烈風録 平井一夫<br>前会長の「ソニーとの決別」

ソニーを立て直した名経営者は、会長に退いてからたったの1年で会社を去った。今後はビジネスの世界から身を引き、日米の子どもたちの就学を支援するという。自らが望む人生を始めて歩み出す平井氏。そのユニークな半生を振り返る。

  • 新刊
  • ランキング