田中良和・グリー社長--1億人ではまあまあ、10億人が使うサービスで一流だ


--海外進出については。

まずは、今やっているSNSとソーシャルゲームで展開したい。ゲーム産業というのは、日本の企業が主体で海外に通用しているビジネスだ。とくに、モバイル・ソーシャルゲームのという世界で前例のないモノが日本で大ブレークしているわけだから、まさに日本が最先端。これを世界に持って行きたい。

ネットサービスだから、極端な話、海外に拠点なんか要らない。シリコンバレー発のサービスで、日本に拠点もないのに日本で大ヒットしているサービスはいくつもある。海外に拠点がないから、海外の動向がわからないから世界で勝負できない、というのは言い訳にならない時代だ。

世界には先行のSNSもあるが、日本でもミクシィやモバゲーなどの先行者がいるなかで最後発としてここまできた。日本でできたことが世界でできない理由はない。

世界をみると利用者1億人くらいのサービスはいくらもある。日本だけで考えると億単位は多いが、その枠ではだめ。5年くらいしたら10億人くらいのサービスを作らなくては、一流のネットサービス会社とは言えなくなるのではないか。1億人でまあまあ。2015年、20年と全然違う世界になる。

--新卒採用を非常に大規模に行っているが、その意図は。また組織の急激な拡大に対応できるのか。

僕は、日本のインターネットを代表する会社を作りたい。そのためには、この会社のしっかりしたコーポレートカルチャーを作っていく必要がある。新卒の人は、やはりコーポレートカルチャーを最もよく理解して体現してくれる。

あと、僕自身、若い人に可能性があるのをすごく感じている。僕自身、楽天に入って20歳代で日本を代表するようなネットサービスの開発に携わった。海外を見ても20歳代で世界を代表するようなネットサービスを作った例はたくさんある。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT