政府税制調査会の議論が今週にもスタート、雇用促進税制や環境税など、難問続々

政府税制調査会の議論が今週にもスタート、雇用促進税制や環境税など、難問続々

政府税制調査会の議論がいよいよ今週からスタートする。アジア欧州会合(ASEM)に出席するため外遊中の菅直人首相が6日に帰国するのを待って、今週中にも会合が開かれる見通しだ。

今年の税調の議論は、大きなテーマが控えている。法人税減税のほかに、雇用促進税制や地球温暖化対策税など、新しい税制の導入が検討される。同日朝には日本経団連と松本龍環境大臣との懇親会が都内のホテルで開かれた。

地球温暖化対策税について、経団連側は米倉弘昌会長が「日本は唯一規制を強化している国として、内外からアンチビジネスとみられているのではないか。税や規制強化によって経済の活力をそがぬよう、むしろ日本の強みを発揮できるような施策を」と、規制や課税の強化に難色を示した。

これに対し、財務省の五十嵐文彦副大臣は同日夕の定例会見で「環境に対する負荷が、一方的にビジネスにマイナスだという考えは、私どもとるべきではないと思う。厳しい環境をプラスに生かしていく姿勢がなければ、日本の経済は逆に経済発展しないのではないか」と述べ、理解を求めた。

また、雇用促進税制について、五十嵐副大臣は「大変難しいと確かに思う。果たして税でやるのがそもそも効果的なのか。効果的なものがあるなら検討して進めていきたいが、現時点で特別なアイデアがあるわけではない」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT