コカ・コーラ、北米販売減響き14%減益

2019年までに年30億ドルの経費削減

 10月21日、米コカ・コーラの第3・四半期決算は14%の減益となった。写真は同社のボトル。カリフォルニア州で2013年10月撮影(2014年 ロイター/Mike Blake)

[21日 ロイター] - 米飲料大手コカ・コーラが21日発表した第3・四半期(9月26日終了)決算は、北米での炭酸飲料の販売減が圧迫し、14%の減益となった。

また為替の変動が一因となり、長期の利益の伸び率目標を今年達成することは困難との見方を示した。同社は、通年の営業利益に対する為替による影響を6%ポイントと見込んでいる。

純利益は21億ドル(1株当たり0.48ドル)。前年同期は24億ドル(0.54ドル)だった。

特別項目を除いた1株利益は0.53ドルで、市場予想に一致した。

総売上高は横ばいの119億7000万ドル。市場予想は121億2000万ドルだった。

同社は生産性向上を通じて、2019年までに年間30億ドルの経費削減を目指す考えを示した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。