コカ・コーラ、北米販売減響き14%減益

2019年までに年30億ドルの経費削減

 10月21日、米コカ・コーラの第3・四半期決算は14%の減益となった。写真は同社のボトル。カリフォルニア州で2013年10月撮影(2014年 ロイター/Mike Blake)

[21日 ロイター] - 米飲料大手コカ・コーラが21日発表した第3・四半期(9月26日終了)決算は、北米での炭酸飲料の販売減が圧迫し、14%の減益となった。

また為替の変動が一因となり、長期の利益の伸び率目標を今年達成することは困難との見方を示した。同社は、通年の営業利益に対する為替による影響を6%ポイントと見込んでいる。

純利益は21億ドル(1株当たり0.48ドル)。前年同期は24億ドル(0.54ドル)だった。

特別項目を除いた1株利益は0.53ドルで、市場予想に一致した。

総売上高は横ばいの119億7000万ドル。市場予想は121億2000万ドルだった。

同社は生産性向上を通じて、2019年までに年間30億ドルの経費削減を目指す考えを示した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT