日本人のための戦略的思考入門 孫崎享著

日本人のための戦略的思考入門 孫崎享著

外交官として勤務してきた著者は、日本は自国の死活に重要なことをどう処理するかという戦略的思考に劣っていると言う。それは先の大戦以降、経済的優位性や米国の庇護に甘んじていたことなどによって、思考が棚上げされてきたからと見る。しかし、米国の弱体化や中国の台頭など、日本を取り巻く環境の変化をかんがみると、それだけで世界に伍していくことが不可能なことは明らかだと説く。

沖縄普天間基地を代表する米軍基地問題はじめ、尖閣諸島問題、竹島問題、北朝鮮の脅威などにどう対処するか。「ゲーム理論」や「孫子」を通して、「相手の動きに応じ、自分に最適な道を選択する」ことで、自国の利益を最大にする思考法を探る。

祥伝社新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。