日本人のための戦略的思考入門 孫崎享著

日本人のための戦略的思考入門 孫崎享著

外交官として勤務してきた著者は、日本は自国の死活に重要なことをどう処理するかという戦略的思考に劣っていると言う。それは先の大戦以降、経済的優位性や米国の庇護に甘んじていたことなどによって、思考が棚上げされてきたからと見る。しかし、米国の弱体化や中国の台頭など、日本を取り巻く環境の変化をかんがみると、それだけで世界に伍していくことが不可能なことは明らかだと説く。

沖縄普天間基地を代表する米軍基地問題はじめ、尖閣諸島問題、竹島問題、北朝鮮の脅威などにどう対処するか。「ゲーム理論」や「孫子」を通して、「相手の動きに応じ、自分に最適な道を選択する」ことで、自国の利益を最大にする思考法を探る。

祥伝社新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。