ドコモ、「ネットワーク仮想化」の実用にメド

混雑時でもつながりやすくする技術

 10月14日、NTTドコモ国内外の6社と共同で、通信の混雑時につながりやすくする「ネットワーク仮想化技術」の実用化に向けた実証実験に成功したと発表。東京で昨年7月撮影(2014年 ロイター/Issei Kato)

[東京 14日 ロイター] - NTTドコモ<9437.T>は14日、米仏系通信機器大手アルカテル・ルーセントなど国内外の6社と共同で、通信の混雑時につながりやすくする「ネットワーク仮想化技術」の実用化に向けた実証実験に成功したと発表した。2015年度の商用化を目指す。

ネットワーク仮想化技術とは、特定のハードウエアでしか動作しないソフトウェアを、仮想的なハードウエア上で動作させる技術。ハードウエアの柔軟な運用が可能となるため、例えば、通信混雑時には自動的に通信設備の容量を追加し、つながりやすさを向上させることができる。

今回の実験では、ソフトウエアと仮想的なハードウエアが異なるベンダーの組み合わせでも動作することを確認した。

会見したドコモ執行役員R&D戦略部長の中村寛氏によると、東日本大震災時は通信量が40─60倍に増加したため、ハードウエアが処理しきれなくなり電話がつながりにくくなったが、この技術を用いると自動的に仮想的なハードウエアが用意されるため、つながりやすくなるという。

総務省と行った研究では、従来のシステムではこうした大規模災害時には20回に1回しかつながらなかったが、仮想化技術を用いると、4回に1回はつながるまで回復した。

実験に参加したのは、アルカテル・ルーセントのほか、米シスコシステムズ、スウェーデンのエリクソン、中国の華為技術(ファーウェイ)、NEC<6701.T>、フィンランドのノキアソリューションズ&ネットワークス。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。